メインイメージ画像

保育士の求人探しは勤務エリアと勤務スタイルの明確化が重要です

保育所の需要は増加しています。現在は待機児童という言葉が定着している時代です。特に都市部においては保育所に入所できずにいる子供が多く存在し、それが社会問題になっています。そのため保育所の増設や保育士の求人を増やしたり、という政策が打ち出されていますが、保育士は常に不足状態です。そんな保育士ですが、就職や転職で求人を探す際のポイントを見ていきます。始めに求人の探すポイントですが、自分が通勤可能なエリアかどうかはとても重要です。

また勤務時間はどうなっているのか、常に同じ時間での勤務なのか、シフト制での変更勤務なのか等は勤務先によって異なります。自分がどういった形態で働きたいかは個人によって違うので、まず勤務エリアと勤務スタイルを明確にしておくことが重要です。その後には給料の金額を見ます。給料のみで判断するのでなく、有給休暇はあるのか、交通費は出るのか他も重要なポイントです。上記のポイントを明らかにして、そのうえで勤務先を選択することをオススメします。

勤務先の見つけ方のポイントは上記に挙げましたが、まずは、インターネットを利用してweb検索をしてみましょう。今では保育士募集だけを行う求人サイトも多く存在するので、事前に条件を登録しておくことで、お望みの勤務先候補が数多く提供されます。可能なら、いくつかの求人サイトに登録しておき、仕事の求人の幅を広げておけばもっといいです。そうすることで自分が納得できる職場探しができ、選択肢が広がります。求人の時期は、3月末に退職する先生が増えるので、3月に間に合うように職探しをすることがポイントです。

新しい先生を採用するのは年度が替わった4月が圧倒的に多いため、4月からの仕事に採用されるように逆算して職場探しをします。そうすることで求人もたくさん出ている時期を狙う事ができます。終わりはその勤務先の口コミ評価をネットで事前に調べておくと更によいです。実際に勤務先のことを自身の目で見て確認するのも一つの方法です。上記の探し方のポイントを参考にして、自分が納得する職探しをすることをオススメします。